アートメイクとは?眉などの施術の種類や値段、デメリットを解説

この記事はPRを含みます。この記事では、提携先の商品やサービスを紹介しています。この記事から商品の申し込みや購入をされた場合、提供元の企業から報酬をいただくことがあります。

 

アートメイクに興味があるものの「そもそもアートメイクとは?」「アートメイクにはどんな種類があるの?」このようにお悩みではないでしょうか。

アートメイクは、人の皮膚に針を使って色素を注入することにより、メイクをしなくても眉毛や唇などの色合いを美しくみせる施術です。

アートメイクは機械を使って着色していきますが、入れ墨やタトゥーとは異なります。

また、アートメイクは一度施術を受けるとすぐに消すことは難しい施術です。失敗を防ぐためにもしっかりとアートメイクに関する知識やクリニックの選び方などを知っておくことが重要と言えます。

この記事では、アートメイクの種類施術可能な部位メリットなどについて解説をしていきます。

後半ではデメリットやアートメイクを受けるクリニックを選ぶポイントも説明していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

当サイトは厚生労働省による広告に関するガイドラインに基づき運営されています。
薬事法
薬事法における広告規制

当記事内で紹介している医院の一部または全てに広告が含まれています。しかし、それらの広告が医院の評価や情報の正確性に影響を及ぼすことはありません。当サイトに掲載されているコンテンツは、レアグラントクリニックが管理しています。詳細は、当サイトのコンテンツポリシー編集・制作ガイドラインをご覧ください。

アートメイクとは?

アートメイクとは、唇や眉の皮膚に針を使って色素を注入することで、メイクをしたかのような美しい状態を長期間維持することができる施術です。

ポイント
毎日のメイク時間が短縮できるほか、通常のメイクのように汗や水で落ちてしまうこともないため、スポーツや温泉もより気軽に楽しむことができるでしょう。

アートメイクの相場は部位ごとに異なりますが、眉毛でおよそ15万、アイラインでおよそ7万、リッブでおよそ15万程度といわれています。

顔の印象を変えることができる施術でありながら、美容整形と比べてハードルが低く、費用も安く抑えやすいのもうれしいポイントです。

アートメイクとタトゥー・入れ墨(刺青)の違い

アートメイクとタトゥー・入れ墨の大きな違いは、色素を入れる皮膚の深さの違いです。タトゥーや入れ墨は皮膚の深い層である真皮層まで針を入れて着色します。

一方、アートメイクは皮膚のごく浅い層である表皮層に色素を注入して着色します。

色素を入れる深さ持続期間
アートメイク表皮層2~3年
タトゥー・入れ墨(刺青)真皮層半永久

タトゥーや入れ墨は表面からの深い層にいれるため、肌のターンオーバーの影響を受けず半永久的に消えることがありません。

一方でアートメイクは2~3年ほどで薄くなっていくため、デザインを変更したり修正したりすることが可能です。

出典:クレアージュメディカルアートメイク
出典:大阪梅田中央クリニック

アートメイクは医療資格をもつ医師や看護師のみ行える

アートメイクは医療行為にあたるため、医師や看護師(正看護師、准看護師)でないと施術を行うことができません。

医師や看護師の資格がない人がアートメイクの施術を行うことは、医師法違反として罰せられます。

注意点
クリニックのほかエステサロンがアートメイクのメニューを提供している場合もありますが、場合によっては施術者が資格を持っていない可能性も。

健康被害につながってしまうおそれもあるため、安全に施術を受けるためにもクリニックを利用しましょう。

アートメイクの持続期間 

アートメイクの持続期間は1~2年ほどといわれています。アートメイクは皮膚のターンオーバーが起こる表皮層に着色する施術です。

ポイント
顔の皮膚のターンオーバー周期はおよそ28日前後であり、周期に合わせて少しずつ時間をかけて肌の細胞が生まれ変わります。

ターンオーバーにより古い細胞が剥がれおちていくため、アートメイクも数年かけて少しずつ薄くなっていくのです。ターンオーバーのほかにも、持続期間には次のような要素が関係しています。

アートメイクの持続時間にかかわること
  • 施術者の技術
  • 施術部位
  • 個人差(肌質やターンオーバーなど)
  • ライフスタイル

また、1回目の施術については、個人差はあるものの肌のターンオーバーや免疫機能により色素が排出されやすいため複数回施術を受けて定着させるのが一般的です。

1回のみの施術だと、徐々に全体的に薄くなり色ムラや欠ける部分が出てきてしまう可能性があります。

出典:美容皮膚科タカミクリニック
出典:ARTMAKE GALLERY

セルフアートメイクは危険が伴う

自宅でアートメイクの施術ができるアートメイクキットが販売されているのを目にしたことがある方もいるでしょう。

注意点
しかし、アートメイクは本来であれば医療行為にあたるものです。資格を持っていない人がセルフでアートメイクの施術をすることは様々なリスクを伴います。

感染症や皮膚の炎症を引き起こしてしまう可能性も高く、一度入れてしまうと簡単に落とすことができないため、トラブルを防ぐためにもクリニックで施術を受けることをおすすめします。

アートメイクの施術法は手彫りと機械彫り(マシン)の2種類

アートメイクは、施術方法によって仕上がりや特徴が大きく異なります。ここでは「手彫り」「マシン彫り」の2つの施術方法についてそれぞれ解説していきます。

手彫り

手彫りは、細かい針のついた器具を使って手作業で着色をしていく施術方法です。

ポイント
細かいニュアンスの表現に長けており、とくに、眉毛やヘアラインなど繊細な毛流れを再現する施術に用いられています。

細かい部分の長さや濃さを調整しながら少しずつ着色していくことができるため、ナチュラルな仕上がりを目指すことが可能です。

本物の眉毛のような自然な仕上がりを目指したい方に適している施術方法といえるでしょう。

機械彫り(マシン彫り)

機械彫りは、専用のマシンを使って均一に色素を入れる施術方法です。

ポイント
手彫りとは異なり、パウダーメイクをしたようなふんわりとした質感やグラデーションを再現することができます。

手彫りよりもメイクをした状態に近い仕上がりになりやすいため、メイク感のある仕上がりを目指したい方に適している施術方法といえるでしょう。

また、手彫りに比べて施術時間が短く料金も安く抑えやすいこともメリットの1つです。

アートメイク技法の違いは?2D・3D・4Dの3種類を解説

アートメイクには大きく分けて3種類の技法があります。どの技法を選ぶかで仕上がりは大きく変わるため要チェックです。

2D|マシンで点状に色を入れていく

2Dはマシンを使って点状に色味を入れていく技法で、パウダーブレーディング法とも呼ばれています。

細かい傷をつけて着色をするので、アイブロウパウダーでメイクした時のようなメイク感のある仕上がりになります。

ポイント
普段アイブロウパウダーでメイクをしている場合は、メイクいらずの眉毛に仕上げることができるでしょう

従来はのっぺりした見た目になってしまうことも多かったものの、最近では機械の性能や技術が進化したことから、グラデーションをつけてより自然な仕上がりにすることが可能となりました。

3D|手彫りで線状に色を入れていく

3Dは手彫りで線状にインクを入れていく技法で、マイクロブレーディング法、ストローク法といわれることもあります。

ポイント
毛の1本1本を手彫りで描くことから、本物の毛のような自然な仕上がりを目指すことができます。ナチュラルメイクが好きな方にはおすすめです。

眉毛を抜いてしまい生えてこなくなってしまった方やもともと眉毛が薄い方も、自眉のような仕上がりを目指すことができるでしょう。

ただし、点で色を入れていく2Dとは違い手作業で少しずつ施術を行うことから、痛みを伴いやすく、時間もかかりやすいというデメリットがあります。

4D|マシンと手彫りの組み合わせ

4Dはマシン彫りと手彫りを組み合わせる方法で、4Dストローク・コンビネーションとも呼ばれています。

ポイント
手彫りで1本1本丁寧に毛並みを描きながらマシンで全体的に色味をつけていくため、ナチュラルかつメイク感のある仕上がりにすることが可能です。

技法を組み合わせることでデザインの幅も広くなるため、よりお悩みや希望にあった仕上がりを目指すことができるでしょう。

アートメイクの施術ができる部位

アートメイクが施術できる部位は主に次の6つです。

アートメイクの施術ができる部位
  • 眉毛
  • アイライン
  • リップ(唇)
  • ヘアライン(生え際)
  • ほくろ
  • 傷跡

眉毛アートメイク

眉毛のアートメイクは、アートメイクの中でも比較的ポピュラーな施術です。眉毛は顔の印象が大きく変化するパーツのため、長期間美しい状態をキープできるのは大きな魅力といえるでしょう。

顔立ちとのバランスが良い眉を目指したい場合は、黄金比を意識したデザインを選ぶのがおすすめです。

黄金比とは?

人が美しいと感じる顔の比率のこと。顔のパーツの大きさや位置、バランスが比率に近いほど美しいと感じやすいとされる。

アートメイクでは、黄金比はもちろん、お悩みや希望を加味して適したデザインの提案を受けられるため「どんな眉毛が似合うのかわからない」とお悩みの方にもおすすめの施術です。

アイラインアートメイク 

アイラインアートメイクでは、アイラインを引くのと同じようにインラインや目尻などに色素を入れていきます。

上まぶたのラインはもちろんのこと、クリニックによっては下まぶたのアイラインアートメイクも可能な場合もあるため、目力のある目元を演出することが可能です。

ポイント
「すっぴんでも目を大きく見せたい」「目元がたるんでしまい、思いどおりのラインが書けなくなった」などのお悩みを持っている方におすすめです。

なお「インライン」の施術についてはドライアイのリスクがあることから対応していないクリニックもあります。

また、目元は皮膚が薄くほかの施術部位に比べて腫れや内出血が生じやすいことから、数日間まぶたが腫れることがあるので注意が必要です。

出典:浦和第一美容クリニック 

リップ(唇)アートメイク

リップアートメイクは、リップメイクをしたような血色感のある唇に仕上げることができる施術です。唇全体に色素を入れていくことで明るく艶やかになり、健康的な印象にすることができるでしょう。

ポイント
「コップやマスクにリップがついてしまうのが嫌」「顔の印象を明るく見せたい」などのお悩みを持つ方におすすめです。

色のバリエーションはもちろんのこと、グラデーションリップやフルリップなど、希望にあわせてデザインを選ぶことができます。

唇は皮膚が薄く痛みを感じやすい部位ですので、痛みに弱い人は麻酔で痛みをコントロールしてもらうと良いでしょう。

また、リップアートメイクは感染症やヘルペスを発症する可能性もあるため、万が一トラブルが起こった場合は施術を受けたクリニックへ相談するのがおすすめです。

ヘアライン(生え際)アートメイク

ヘアラインアートメイクでは、頭皮に色素を入れることで毛量が少ない部分をカバーすることができます。

ポイント
生え際を整えて小顔に見せたり、頭頂部や分け目など気になる部分のみピンポイントで施術をしたりすることが可能です。

お悩みが解消されることで、前髪を上げたスタイルなど今まではできなかったヘアアレンジにも挑戦しやすくなるでしょう。

ほくろアートメイク

ほくろアートメイクは、色素を入れることで人工的にほくろを作ることができる施術です。

ポイント
「口元や目元にほくろを足して大人っぽさやセクシーさを演出したい」「開運のためにほくろを入れたい」このように考えている人におすすめの施術です。

その他のアートメイクよりも施術範囲が狭く、料金も安いことから気軽に施術を受けやすいというメリットもあります。

特殊なアートメイク|傷跡アートメイク

傷跡アートメイクとは、傷や火傷、手術跡、妊娠線、太ももやお尻のストレッチマーク(肉割れ)などをカモフラージュすることができるアートメイク施術です。

アートメイクで色素を入れ、周囲の肌トーンと馴染ませることで自然な仕上がりになります。

ポイント
気になる傷跡が目立たなくなれば、見た目の印象が変わるだけでなく、前向きな気持ちになることができるでしょう。

レーザー治療などのほかの治療で傷跡の改善が見られなかった人にも、新しい手段の1つとしておすすめな施術です。

アートメイクのメリット

アートメイクの主なメリットとして挙げられるのは主に次の6つです。

朝のメイク時間を短縮できる

アートメイクの大きなメリットの1つとして挙げられるのが、朝のメイク時間を短縮できることです。特に眉毛やアイラインは、左右対称にメイクをするのに苦労している方も多いでしょう。

ポイント
アートメイクをすることでメイクの工程が少なくなるため、忙しい朝の時間を有効活用することができます。

また、唇のアートメイクでは、リップなしでも血色感のあるお顔に仕上げることが可能です。それぞれのパーツが整うことで、長期間美しい状態を保てるだけでなくメイクにかかる手間を軽減することができます。

すっぴんでも自信が持てる

アートメイクなら、メイクをしなくてもメイク後のような美しい仕上がりを保つことができます。

ポイント
コンプレックスがある方も、アートメイクでお悩みをカバーすることによってすっぴんに自信を持つことができるでしょう。

洗顔やクレンジングをしても落ちないため、旅行や温泉もより気軽に楽しむことができます。

汗や水で崩れない

アートメイクは表皮に直接色素を入れるため、個人差はあるものの数年ほど残ります。そのため、汗や水で崩れる心配がありません。

「夕方になるとパンダ目になってしまう」「汗をかいたら眉毛が消えてしまう」など、メイク直しの手間にお悩みの方にもアートメイクはおすすめです。

きれいな仕上がりを長期間維持できる

メイクをすると、その時の顔のむくみや肌の状態などによって毎回仕上がりが変化してしまいます。

ポイント
アートメイクならきれいな仕上がりを長期間維持できるため、理想的な状態を長く楽しむことが可能です。

「眉やアイラインがいつもうまく描けない」「日によってメイクに時間がかかってしまう」とお悩みの方にアートメイクはおすすめです。

リタッチで仕上がりを調整できる

アートメイクの施術を受けた後に「やっぱり別のデザインの方がいいかも」と気持ちが変わってしまうこともあるでしょう。

アートメイクはタトゥーや入れ墨のように半永久的に残り続ける施術ではないため、2~3回目の施術やリタッチの際に仕上がりを調整することが可能です。

ポイント
個人差はあるものの定着後は2~3年ほどで薄くなるといわれています。色やデザインが崩れてきたと感じたらリタッチのタイミングです。

流行や年齢などに合わせて気軽にデザインを調整できることも、アートメイクならではのメリットです。

自分に合ったメイクを目指せる 

アートメイクは、骨格や顔のバランスを確認しながらデザインを決定します。自分が理想とする形を、似合いやすいバランスで再現できるのが特徴的です。

そのため「自分に似合うメイクがわからない」というお悩みを解消できる可能性があるでしょう。

ポイント
毎日のメイク時間が短縮できるだけでなく、プロが施したメイクを長期間維持できるのがアートメイクの大きなメリットです。

また、アートメイクには様々な技法があり、希望の仕上がりに合わせて選ぶことができます。

「メイク感のある仕上がりにしたい」「すっぴんでも浮かない自然なデザインにしたい」このような希望も叶えることが可能です。

アートメイクのデメリット・注意点

以上でご紹介したように、アートメイクには多くのメリットがありますが、いくつかデメリットもあるため注意が必要です。施術後に後悔してしまわないよう、あわせて確認しておきましょう。

赤みや腫れが現れるダウンタイムがある

アートメイク施術後の約1週間は、アートメイクによって傷ついた肌の治癒を待つダウンタイムがあります。施術後1週間ほどは、赤みや腫れなどの症状が出る可能性があるため注意しましょう。

施術箇所は乾燥しやすいため、ダウンタイム中はケアをしっかりおこなうことが大切です。

ポイント
施術部位を清潔に保ち、十分に保湿をして触ったりこすったりなどの摩擦を避けましょう。また、紫外線も刺激になるため注意が必要です。

スムーズにダウンタイムを終わらせてインクを綺麗に定着させるためにも、施術部位のメイクやクレンジングなどは傷が塞がるまで控えてください。

なお、施術後1か月ほどは美容系施術や刺激の強い化粧品の使用は避ける必要があります。眉毛のアートメイクの場合は、眉毛のブリーチや眉ティントも控えましょう。

出典:浦和第一美容クリニック 
出典: 新橋メディカルアートクリニック

数年は色が残る 

アートメイクは直接色素を肌に入れる施術のため、自然と消えるまでに長い時間がかかります。

そのため、仕上がりに満足できないときや違うデザインにしたいと思ったときも、定着後すぐに修正することは難しいでしょう。

レーザーやクリームなどでアートメイクを除去することも可能ですが、その分費用や手間もかかってしまいます。

ポイント
満足のいく仕上がりになるよう、施術前に十分にカウンセリングを受け、納得のいく、元の自分の顔に馴染むようなデザインにしておくことが大切です。

また、流行に合わせた特徴的なデザインではなく、長期的に満足できるシンプルなデザインを選ぶのもおすすめです。

定期的に通院する必要がある

アートメイクは1回施術を受けたらすぐに完成するものではありません。1回だけではインクが定着せずムラが出ることもあるため、2回セットになっていることが多い施術です。

新陳代謝が良く、インクが定着しづらい体質の方の場合は、さらに3回以上の施術が必要になることもあります。

ポイント
施術部位の傷や腫れなどがしっかりと回復した状態で施術を行う必要があるため、施術の間隔は1か月程度空けることが基本です。

アートメイクの施術を受ける際は、完成するまで複数回の施術が必要であることを踏まえて、スケジュールを立てておきましょう。

あらかじめクリニックで完成までに必要なおおよその回数や期間、費用の目安などを確認しておくのがおすすめです。

副作用が起こる可能性がある

アートメイクの施術を受けたあとは、施術部位に腫れや赤みなどの副作用が起こる可能性があるため注意が必要です。起こりうる副作用としては、次のようなものが挙げられます。

副作用の例
  • 口唇ヘルペス
  • 痛み
  • 腫れや赤み
  • かゆみ
  • 角膜の損傷

副作用が起こるのは施術後1週間ほどといわれていますが、万が一長引いていたり副作用がひどかったりする場合はすぐにクリニックに相談しましょう。

出典:クレアージュ
出典:ベル美容外科クリニック

MRI検査が受けられなくなる可能性がある

アートメイクの施術を受けた後は、MRI検査が受けられなく可能性があるため注意が必要です。

ポイント
アートメイクで使用する色素には金属が含まれています。そのため、MRI検査の際にピリピリと痛みを感じたり、火傷したりする可能性があるのです。

このようなケースはごく稀ですが、アートメイク施術後にMRI検査を受ける場合には、必ずアートメイクを入れていることを事前に医師に伝えておきましょう。

出典:クレアージュ
出典:ベル美容外科クリニック

施術者によって技術力に差がある 

アートメイクは、施術者によって技術力に差が出る施術です。どのようなアーティストが施術を担当するかによって仕上がりは大きく変わってきます。

注意点
料金だけを見てあまり実績のないクリニックやアーティストを選んでしまうと、失敗してしまい除去ややり直しが必要となる可能性も。

アートメイククリニックを選ぶ際には、症例写真や在籍するアーティストの経歴、口コミ評判などをしっかりと確認しておくのが重要です。

結果的に余分な費用がかかってしまうことになりかねないため、クリニック選びは慎重に行いましょう。

アートメイクがおすすめな人・おすすめしない人 

アートメイクがおすすめな人

アートメイクがおすすめな人
  • メイク時間を短縮したい人
  • すっぴんに自信が欲しい人
  • メイク崩れが気になる人
  • メイクが苦手な人
  • 自分に合うデザインが知りたい人

    アートメイクの非常に大きなメリットといえるのが、メイク時間の短縮につながることです。眉やアイラインのメイクにかかっていた時間を、他のことに使えるようになります。

    ポイント
    メイクが苦手な人、自分に合うデザインがわからなくて試行錯誤していた人は、メイクの時短だけでなくお悩みの解消にもつながるでしょう。

    また、汗や水で落ちないアートメイクは普段の生活で崩れてしまう心配がありません。メイク直しをする手間が省けるほか、クレンジングをしても落ちないためすっぴんでも自信が持てるようになるでしょう。

    アートメイクをおすすめしない人

    アートメイクをおすすめしない人
    • ファッションに合わせてメイクを変えたい人
    • MRI検査をこまめに受ける必要がある人
    • 肌が極端に弱い人や持病がある人

      ファッションに合わせてメイクをガラッと変えたいという場合は、アートメイクが向いていない可能性があります。施術によってデザインが定着した後は、形や色を大幅に変えるのが難しいためです。

      また、MRI検査を受ける必要がある人もアートメイクが向かない可能性があるでしょう。

      ポイント
      アートメイクで使用する器具や色素には、微量の金属が含まれています。そのため、MRI検査時はアートメイク部分に「痛み」「熱感」を感じるケースがあるのです。

      ただし、MRI検査に支障がない色素を使用しているクリニックも多くあります。

      検査を受ける予定がある方は、カウンセリングの際にMRI検査を受けることを伝え、検査時にもアートメイク施術を受けていることを申告しておくと良いでしょう。

      なお、肌が極端に弱い・持病がある人もアートメイクが向かない可能性があります。不安な方は一度かかりつけの医師に相談のうえ、カウンセリングの際もしっかりと伝えておくと良いでしょう。

      失敗しない!アートメイクをする際のポイント

      ここからは、アートメイクで失敗しないために注意しておきたいポイントについて詳しく解説していきます。後悔しないためにも、施術を受ける前にかならず確認しておきましょう。

      医療機関で施術を受ける

      まず、重要なポイントとして挙げられるのが医師や看護師が施術を行うクリニックで施術を受けることです。

      厚生労働省によると、2006年からの5年間で発生したアートメイクの危害121件のうち、95%が医師免許を持たない人による施術であったと見られるとのデータが出ています。

      ポイント
      そもそもアートメイクは医療行為にあたり、医師や看護師の資格を持つ人でなければ施術を行うことができません。

      エステサロンなどで施術を安く提供している場合もありますが、施術者が資格を有していない可能性もあるため注意が必要です。

      また、セルフアートメイクキットなどを使って自分で行うアートメイクも、失敗したり思わぬ副作用につながったりなどリスクが大きいため避けましょう。

      出典:国民生活センター

      自分のイメージを何度もすり合わせる

      施術する前に自分のイメージを施術者とすり合わせることも、アートメイクで失敗しないために重要なポイントです。

      アートメイクは定着後2~3年ほど残ると言われているほか、人によってはさらに長く残り続ける可能性もあります。

      ポイント
      そのため、施術前のカウンセリングで希望や解消したい悩みをしっかりと伝え、仕上がりのイメージを具体化しておくと良いでしょう。

      デザインを調整したい場合は、2回目の施術またはリタッチの段階で相談してみるのがおすすめです。

      アートメイクに関する知識を身に着けておく

      事前にある程度アートメイクに関する知識をつけておくことも重要なポイントです。よくわからないまま施術を任せてしまうと、自分のイメージや好みとは異なる仕上がりになってしまう可能性があります。

      ポイント
      カウンセリングの段階でわからないことがあれば質問をして、疑問や不安をしっかりと解消したうえで施術に進みましょう。

      アートメイクの種類や技法などについて知っておくと、自分好みのデザインのイメージを伝えやすくなります。

      施術箇所に負担をかけないスケジュールを立てる

      前述したように、アートメイク施術後にはダウンタイムがあります。

      ポイント
      ダウンタイム中は腫れや赤みなどの副作用が出る可能性があるほか、一定期間メイクや洗顔を控える必要があるため注意が必要です。

      また、アートメイクは1回で色素が定着しないことが多く、2回以上施術を受ける必要がある場合が多くなっています。

      1回目と2回目の施術は1カ月ほど開ける必要があり、すぐに次の施術を受けることができないため、施術箇所に負担をかけないよう余裕をもってスケジュールを立てておきましょう。

      口コミ評判をチェックしておく 

      実際に施術を受けた方の口コミや評判をチェックしておくことも、アートメイクで失敗しないために重要なポイントです。

      クリニックの公式サイトはメリットのみ記載されているケースも多いため、マイナス部分や残念なポイントなどのリアルな情報は実際に利用した人の体験談からチェックする必要があります。

      ポイント
      クリニックの雰囲気やスタッフの対応のほか、2〜3回通うことも想定して予約の取りやすさなども確認しておくと良いでしょう。

      ただし、口コミに記載されている内容が絶対に真実であるとは限りません。

      感じ方は人それぞれ異なるため、口コミに記載されている良い部分と悪い部分の両方に目を向け、総合的に判断しましょう。

      アートメイク施術の流れ

      アートメイクの施術は実際にはどのような流れで行われるのでしょうか。ここではアートメイクの大まかな流れを順番に詳しく解説していきます。

      STEP1:カウンセリング

      まず初めに、カウンセリングで施術者と希望するデザインをすり合わせます。解消したい悩みや普段のメイク、どのような雰囲気になりたいかなど事前に詳しく伝えておきましょう。

      ポイント
      カウンセリングを受けるクリニックは、複数のクリニックの価格やキャンペーン、症例などをよく比較したうえで選ぶのがおすすめです。

      納得のいく仕上がりにするために、デザインやカラー選びは慎重に行いましょう。

      STEP2:施術

      実際に行う施術部位のマーキングをし、麻酔をしてから施術を行います。

      ポイント
      麻酔は無料となっているクリニックも多いですが、有料となっている場合もあるため事前に確認しておきましょう。

      もし痛みが強いと感じた場合は、施術者に伝えることで麻酔の量をコントロールすることも可能です。施術後はしっかりと冷やして施術後の炎症を抑えます。

      STEP3:アフターフォロー

      アートメイク施術後は、施術者にアフターケアの方法や注意すべきことなどを聞いておきましょう。

      ポイント
      施術箇所をしっかりと保護するために、クリニックから処方される軟膏は忘れず使用することが大切です。

      万が一「赤みやかゆみがなかなかひかない」「施術した箇所に痛みがある」などのトラブルが起こった場合は、施術を受けたクリニックで相談することが可能です。

      アートメイクを受けた後の過ごし方

      アートメイクを定着させるためにも、施術後のアフターケアはしっかりと行いましょう。アートメイクの施術を受けた後に注意しておきたいポイントは次のとおりです。

      アフターケアのポイント
      • 施術当日は施術箇所をなるべく濡らさない
      • 定着しづらくなるため施術当日の飲酒・運動は避ける
      • 傷口が治るまで施術箇所のメイクはしない
      • 施術箇所を清潔に保つ
      • 施術箇所のかさぶたを無理にはがさない

      アートメイクの施術後は、肌が傷ついておりとてもデリケートな状態となっています。

      アフターケアをおろそかにしてしまうときれいに定着しづらくなるだけでなく、感染症につながるリスクもあるため注意しましょう。

      リタッチの目安は完成から1年~2年後 

      アートメイクの施術は基本的に1回では完成せず、2〜3回の施術を重ねることで完成します。

      色素が定着した後は一定期間デザイン・色味が持続しますが、人によっては1年ほどで薄くなったと感じるケースも。そのため、リタッチの目安は完成からおよそ1〜2年後です。

      ポイント
      定期的にリタッチをしていれば、理想のデザインやカラーが長持ちします。

      アートメイクのリタッチは、完全に消えてからではなく薄くなってきた段階で受けるのがおすすめです。

      なお、クリニックによってはリタッチ料金がお得になるシステムを導入している場合があります。対象となる期間を設定しているクリニックもあるため、適用される条件を事前に確認しておきましょう。

      アートメイクの経過 

      アートメイクは美容室やネイルサロンのように、施術を受けた当日デザインが完成するわけではありません。

      ダウンタイムと呼ばれる傷の回復期間を経て、デザインや色素が定着します。ここでは、具体的にどのような経過をたどるのか詳しく解説していきます。

      施術当日

      施術当日は、施術した部分に細かな傷がたくさん付いている状態です。そのため腫れや痛み・かゆみなどが生じる可能性が高いでしょう。

      ポイント
      当日は施術部位をあまり触らないように注意し、痛みなどが気になる場合位は保冷剤などで冷やしておくのがおすすめです。

      また、施術当日は雑菌が入りやすい状態でもあります。施術箇所を清潔に保ちつつ、保湿などのケアもしっかりと行いましょう。

      出典:アートメイクガイド
      出典:メディカルブロー

      2日目~3日目

      施術2〜3日目は、赤み・腫れ・痛みなどは落ち着いてくるものの、施術箇所にかさぶたができてくる場合があります。

      かさぶたになるとアートメイクの色味が一時的に濃くなりますが、心配する必要はありません。かさぶたが剥がれれば色は徐々に薄くなります。

      注意点
      かさぶたを無理にはがしたりこすったりすると、アートメイクの定着に悪影響を与えるリスクも。

      自然と剥がれ落ちるまではむやみに触らないように注意してください。

      出典:アートメイクガイド
      出典:メディカルブロー

      4日目~1週間

      施術4日目〜1週間は、かさぶたが自然に剥がれ落ちる時期です。濃くなっていた眉毛も、かさぶたがはがれると同時に薄くなります。

      ポイント
      なお、かさぶたが剥がれてくる時期になると施術箇所のかゆみが増す可能性も。乾燥によるかゆみを防ぐためにも、処方された軟膏をしっかりと塗って保湿しましょう。

      どうしても痒みが治まらない場合は、施術を受けたクリニックに電話やメールで相談してみてください。

      出典:アートメイクガイド

      アートメイクに関するよくある質問 

      アートメイクの施術は痛いですか?

      チクチクとした痛みを感じる可能性もあります。

      しかし、アートメイクの施術前は麻酔クリームの塗布を行うクリニックがほとんどです。そのため、強い痛みを感じる心配は少ないでしょう。

      妊娠中でもアートメイクはできますか?

      妊娠中は、アートメイクの施術を断られる可能性が高いでしょう。

      理由としては、アートメイクの傷によって万が一感染症を引き起こした際に、内服薬で治療するのが難しいからです。
      また、アートメイク施術の際に使用する麻酔が胎児に悪影響を与えてしまうリスクもあるため、安全面から控えておくことをおすすめします。

      出典: メディカルブロー

      アートメイクの持ちはどのくらいですか?

      個人差はありますが、1〜2年ほどといわれています。

      新陳代謝や肌の再生周期などによって異なるため、おおよその目安として考えておくと良いでしょう。

      アートメイクができないのはどんな人ですか?

      アートメイクができない人は、金属アレルギーが強い人や妊娠中または授乳中の人、さらに感染症の疑いがある病気・持病で内服している人です。

      ただし、薬を服用中の方は担当医の許可があればアートメイクできる可能性があります。
      金属アレルギーがある人も施術前にパッチテストを受けて問題なければ、施術できる可能性があるでしょう。

      出典 : THE ART MAKE TERRACE

      アートメイクは保険適用で受けられますか?

      アートメイクは部位に限らず、保険適用外の自由診療です。

      クリニックごとにモニターキャンペーンや学割・ペア割などの様々なキャンペーンを行っているので、費用を抑えたい場合はそのような制度を利用すると良いでしょう。

      アートメイクが変色してしまう可能性はありますか?

      アートメイクの色素は、時間の経過とともに薄くなります。また、人によっては灰色や赤茶色に変色してしまう場合もあります。

      使用した色素の品質によっても変わりますが、肌の再生周期や外的刺激の受け方によっては変色する可能性があると覚えておいた方が良いでしょう。

      出典 : 美容皮膚科・美容外科のKM新宿クリニック 

      アートメイクの施術前後に脱毛やピーリングの施術を受けても良いですか?

      アートメイクの施術前後は、脱毛やピーリングの施術を避けた方が良いでしょう。

      少なからず肌に負担をかける施術になるため、アートメイクの施術前後に受けてしまうと腫れや赤みが強く出る恐れがあります。
      また、アートメイク施術後はピーリング洗顔にも気をつけましょう。肌に負担をかける可能性と、代謝を高めてしまいアートメイクの色素定着が悪くなる可能性があります。

      出典 : アートメイクガイド

      アートメイクならLEAGRANT CLINICがおすすめ!

      レアグラントクリニック

      おすすめポイント
      • 施術歴1,000人以上のアーティストのみ在籍
      • 他院より痛み・にじみが少ない施術を実現
      • 国際ライセンス「PhiBrows」取得のアーティストも在籍
      • カウンセリングから施術まで同じアーティストが担当

      アートメイクの施術を受けるなら、施術歴1,000人以上のアーティストのみ在籍しているLEAGRANT CLNICがおすすめです。

      LEAGRANT CLNICは「他院よりも痛くない、にじみづらい施術」を目指しており、使用する色素や麻酔などの原料にこだわっているほか、高い技術力をもつ施術者が多く在籍しています。

      ポイント
      アートメイクの国際ライセンス「PhiBrows」を取得したアーティストも在籍しており、自然かつ持ちのいいアートメイク施術が可能です。

      また、LEAGRANT CLNICではカウンセリングから施術まで同じアーティストが担当しています

      そのためカウンセリング時に決めたデザインと仕上がりが乖離しづらく、理想の仕上がりを目指すことが可能です。

      顔のバランスや骨格などを加味して1人1人にあったデザインの提案も行っているため、アートメイクを検討している方はぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

      ・本記事はいかなる医学的な助言をするものでもありません。ご自身の体調等で気になる点がある場合、必ず医師の診察を受けていただきますようお願いいたします。また、医師から本記事と異なる内容の指示があった場合や、医薬品等の取扱説明書等に本記事と異なる内容の指示が記載されていた場合、必ずかかる指示に従っていただきますようお願いいたします。
      ・施術の際の痛みの感じ方には個人差があります。記事内での施術の痛みに関する記述は一般的な例として想定されるものであることをご了承いただきますようお願いいたします。
      ・本記事は、いかなる団体や個人の意見を代表するものでもなく、紹介している機関、商品やサービス等についていかなる保証をするものでもありません。
      ・本記事で記載されている治療費や施術の内容等の情報は一例であり、プラン等により内容が異なる場合があります。
      ・本記事の内容は投稿日または更新日時点でのものです。本記事の投稿または更新日時点以降、紹介している商品やサービスの仕様等が本記事の内容から変更される場合がございます。本記事で紹介されている商品やサービスについての詳細な情報につきましては、お手数ではございますが当該商品またはサービスの提供元へお問い合わせいただきますようお願いいたします。

      osusume